競合店に差をつけるなら造作の店舗内装

造作とは?

造作とは、建物の基礎工事などを行った後に仕上げの前に行う施工のことです。店舗内装工事においても大切な工程となります。

造作の種類。造作施工はコンセプトの調和

造作は様々な箇所に施工が出来ます。カウンター、壁面、サイン、棚、家具、机、照明などどこにでも造作施工は可能です。コンセプトに合わせて既製品ではコンセプトに合わない場合は造作で施工しますとイメージに合い全体のデザインとも協調出来ます。

「何にこだわるか」「どういった特色を出すのか」を考えてみる

造作の施工は既存のものを使わずにオリジナルで自分のやりたい形を創れることが一番のポイントだと思います。オリジナルで創ることは他店では無い空間が演出できるという店舗様側はそれだけでストロングポイントになります。

質感、職人技にこだわった造作家具

最近では、ある程度使用していくと劣化していくような家具もございますが、お客様は声に出しては言いませんが質感の悪い造作施工には意外と敏感です。店舗は常に人の目に晒される空間で本物の質感を感じて頂くことも店舗のブランド要素としてはとても重要になります。造作家具は自社の職人が製作しますので多様な要望にお応えできることもできますし費用もご納得頂けると思います。

ぜひ、造作の店舗内装をご希望のお客様は店舗内装工事.comご相談下さい。

店舗の内装計画は、飲食店、美容サロン・エステ、物販店、その他、業種によって異なるだけでなく、店舗の立地や諸条件、つくりあげたい雰囲気、呼びたいお客様の層などによって、店舗ごとに大きく異なります。一つひとつのケースに沿って、ご提案させていただきます。