知っておきたい店舗内装の8つのノウハウ

1.お客様にどんな時間を提供するのか。あなたのメッセージを。

お客様に店内でどんな時間を過ごしてもらいたいか、オーナーの思いを「お客様に贈るメッセージ」として簡潔にまとめてみてください。いろいろな想いやお好きな内装イメージ、そして設備や什器があると思います。でも、一番大切なのは、お客様にどんな時間を提供するのかということです。これだけは、という簡潔で揺るぎない一行のメッセージを持つこと。それが、これからさまざまな角度から検討を進めることになる店舗内装の基本になります。

2.すぐれた動線計画が繁盛店をつくる。

すぐれた動線計画が繁盛店をつくる

飲食店、美容サロン・エステ、物販店、その他、店舗にはさまざまな種類がありますが、繁盛店の共通のポイントは、すぐれた動線計画です。つまり、お客様とスタッフがそれぞれ店内どう動くかということ。「お客様がスムーズに歩ける」「スタッフが効率よく動ける」「お客様の動きとスタッフの動きが重ならない」――といった機能的なことは当然ですが、時にはお客様にあえて遠回りをしていただいて何かを見せたり、人の“溜まり”をつくることが効果的である場合もあるのです。

3.時にはぶつかることもおもしろい。

時にはぶつかることもおもしろい

動線が重なり、人がぶつかってしまうことはタブーとされますが、たとえば飲食店の場合、あえてパントリーなどのドリンクサービスをするスペースを入り口付近に据え、いつもその周辺をスタッフが歩くようにして、そこに賑わいを演出することができます。「活気のあるお店だ」という印象が生まれます。また、あえて動線をクランクさせて、曲がった先はどうなっているのだろうと想像させることもできます。さらに、敬遠されがちな段差ですが、ステップを設け、ワンフロアの中で空間の高さの変化を楽しんでいただくこともできます。

4.華やかなステージをつくる。

華やかなステージをつくる

飲食店などでは、提供する料理の種類にもよりますが、あえて厨房を入り口から正面に見える位置や店内中央に一段高く配置してステージのようにつくりあげ、職人の手際のよさや、こだわり、清潔感をみせる「ライブ厨房」の演出も有効です。また、お客様の間も、一般的には適度なプライバシーの確保を考えますが、つくりたい店の雰囲気や想定するお客様の層によっては、お客様同士の距離が近く、自然に会話が生まれるようなオープンな店作りも魅力的です。こうした場合の動線計画もセオリーにとらわれ過ぎずに考えることが必要です。

5.平面でなく立体で考える。

入り口やレセプションの位置、客席の配置、厨房やストックヤード、トイレの位置など、いわゆる「間取り」や「配置」の検討は平面図上で行われます。しかし、これでは、位置関係や水平距離、人の動き方は分かっても「その場所から何が見えるか」ということが分かりません。平面に高さを加えて、ぜひ立体で考えましょう。そうすれば、ここに立てば外の景色が目に入るとか、このテーブル席から入り口が見えるとか、その空間で過ごす人の視野に入るものが見えてきます。立体で考えれば、より魅力的な空間づくりができます。

6.照明が店内の雰囲気をつくる。

照明が店内の雰囲気をつくる

照明器具のデザインだけでなく、光の演出や工夫が店内の雰囲気を大きく左右します。照明には、明るさの違いだけでなく、オレンジ色や白色などの色の違い、直接照明器具を露出させず、光源を隠して壁や床、天井面を明るくする間接照明など照明方法の違い、さらにスポットライトで一部を照らしその周辺に影をつくる、といったさまざまな楽しみ方や工夫があります。また「演色性」と呼ばれる、色の再現能力にも違いがあります。食材に対する照明にはおいしそうに見える色の選択が、衣料品の照明などには、高いレベルの再現性をもった光を選ぶことが重要です。

7.“スケルトン” なら、空間は自由に。

スケルトンなら空間は自由に

“スケルトン”とは骨格のことです。床や壁、天井の内装仕上げ材をすべて撤去し、建物の骨組みに戻した空間を指します。配管や配線も新たに通すことができ、仕上げ材も自由に選べるので、イメージに沿った自由度の高い空間づくりができます。店舗内装の基本的なスタイルです。ただし、建物によっては賃借人(テナント)側では手を加えることができない部分もあります。その場合は、ビル管理者側の判断や工事日程に従うことになり、改装の計画やスケジュールに影響が出ることもあります。

8.“居抜き”なら、素早く開業。

“居抜き”は、厨房設備など、建物内の設備機器や什器、内装をそのまま受けついで新たな所有者になることです。基本的には旧来のものがそのまま活かせるので、新たに準備する手間がなく、低コストでスピーディに営業が始められます。早くスタートさせて現金収入を得ながら、少しずつ改装するという戦略を取ることもできます。しかし「使えると思っていた既存設備が使えない」「給湯器などの能力が足りない」「厨房の床の防水が十分でなく新たに工事が必要」「電気容量が不足している」などの問題が出てくる場合があります。防水の状態などは簡単には事前のチェックができないので注意が必要です。


店舗の内装計画は、飲食店、美容サロン・エステ、物販店、その他、業種によって異なるだけでなく、店舗の立地や諸条件、つくりあげたい雰囲気、呼びたいお客様の層などによって、店舗ごとに大きく異なります。一つひとつのケースに沿って、ご提案させていただきます。

まずは無料相談からスタート

03-5937-4340メールの方はこちらをクリック

施工事例

お客様に好かれるお店づくり

店舗を作る前に知っておきたいQ&A

スケルトンは高いですか?

物件選びをしているとスケルトンというフレーズを聞く事があると思います。スケルトンとは物件の内装と設備を施す前の何もしていない状態のことを言います。
全く手を加えていないので自由な店舗デザインが可能です。自由な分時間はかかって来ますので余裕をもった工程が必要となります。
また、スケルトンの物件で注意をしなければならないのは、退去する時に原状回復をしなければならない契約かどうかを確認しておいた方が良いです。
ですから通常で考えますとスケルトンは時間と費用がかかってくることになります。
ただ、施工内容によっては居抜き物件より安くすむ場合もありますので事前にご相談頂ければと思います。弊社では物件探しからのお手伝いしております。
不動産物件探しから立ち会いますのでご予算に合う物件かどうか?など予算が立てやすくなります。

こちらからご覧ください。

店舗デザインって何をするのですか?

お客様に好かれる店づくりをする作業です。お客様に店内でどんな時間を過ごしてもらいたいか、オーナーの思いをどう伝えるか?お客様にどんな時間を提供するのかということを形にする事が店舗デザインです。

店舗内装にどの程度、予算を立てるべきですか?

店舗内装の工事費用は、業種・物件の状態、スケルトンの状態なのか?居抜き物件なのか?などにより変わってきてます。
費用を押さえるポイントは、「いかに条件の良いテナントを探して見つけるか」「そして工事をどの業者に依頼するか」です。
安さを打ち出している業者に依頼してしまうと「追加工事」として支払い額が膨らんでしまったというケースもあります。どこまでの工事がお見積もりに含まれているのか、工事の仕方、使用する材料など工事詳細をきちんと説明してもらい、納得した上で、信頼のおける業者に工事をご依頼される事をお勧めします。
そして一番大事なのがお客様(エンドユーザー)に好かれるお店になっているか?です。
こちらについては「お客様に好かれる店づくり」をご覧ください。

店舗の開業資金ってどの位ですか?

ご予算が決まっていれば、施工プランや素材、造作物など具体的なご提案が可能です。
しかし予算が決まっていない場合は、お客様のイメージをもとに、店舗の内装の見積りを作成し、ご覧頂きますと、イメージしていたコストを大きく上回ってしまうという事も多いです。そうなると店舗づくりが思うように進みません。時間も無駄になり実際に開店する時に慌ただしく時間に追われ開店時のスタートダッシュに影響を及ぼす事もあります。
開店は、やる事は本当に沢山あります。だからこそ、時間を無駄にせず話を進める為にも開業資金の予算はしっかりとお伝えください。
「予算を伝えてしまうと無駄に費用をかけられてしまう」と不安に思われると思いますが予算とお客様のイメージを如何に近づけて施工を行っていくか?ということが私たちの使命と考えております。
それでも目安として何か情報が欲しいという声はございます。その場合は費用の目安が分かるページをご用意しておりますので参考にして頂ければと思います。

初めて店舗を開業される方はこちらもご覧ください。


店舗の内装計画は、飲食店、美容サロン・エステ、物販店、その他、業種によって異なるだけでなく、店舗の立地や諸条件、つくりあげたい雰囲気、呼びたいお客様の層などによって、店舗ごとに大きく異なります。一つひとつのケースに沿って、ご提案させていただきます。

まずは無料相談からスタート

03-5937-4340メールの方はこちらをクリック

更新情報

  1. ゴエモン江戸川橋店
  2. 居抜き物件とは
始めお店をオープンされる方必見! 店舗空間設計の企画書 知っておきたい店舗内装の8つのノウハウ 施工事例

おすすめ情報

店舗物件探しのサポート致します。
 
開店・創業融資サポートサービスのご案内

お客様に好かれる店づくり
店舗開業する際のQ&A
スタッフブログ

PAGE TOP