造作建具と既製品建具の違いとは・・・・

こんにちは(*^^)v

ついに12月、今年ラストの月になりましたね!!一年かなり早く進んでしまい自分は今年成長したのか?とか考えちゃいますね(笑)

今回は造作建具と既製建具の違いをご紹介させていただこうと思っております。知っているという方もいると思いますが、読んでみてください!

 

★~既製建具~★

既製建具はコスト面にてリーズナブルになっています。

リーズナブルとはいえ製品的にはとても状態の良い製品になっています。

例えば、木目の素材を出したいとの要望があっても現在はプリントというものがありますのでお客様の要望に応えることが出来ます。

種類もたくさんあるので選ぶのは大変になってくるかと思います。(木目、石目等がある)

何種類か写真添付致します。

メラミン参考資料

 

 

木目だけでも種類は沢山あるのでとても悩みますね(*_*)

既製品建具の欠点と言えば時間がたつと建具のたてつけが悪くなります。

悪くなった際に調整を多少はすることはできますが建具を削ることが出来ません。

なので削ったりしないと直らない場合は新規建具購入になってしまうケースもあります。。

★~造作建具~★

造作建具とは既製品建具よりコスト面では高くなってしまいます。

既製品との違いは自分のオリジナルの建具を製作できることです。

お客様の自由に色、装飾等を変更する事が出来るので既製品にはない商品が出来上がります。

参考に画像添付致します。

建具

 

 

上記建具はステンド硝子を入れ込み、額をまわしています。

ハンドルは高級感のあるゴールドを使用しております。

ステンド硝子から光が差し込んできてとても雰囲気がアップしています♪

時間をかけて打合せ等を行いお客様のイメージ通りの建具が完成しました。

建具はお店のイメージ、雰囲気を変えてくれるので僕的には既製品の建具よりも造作建具を使用する事をお勧めします。

 

あまり参考にならなかったかもしれませんが、皆さんが造作建具を使用したいと少しでもおもってくれれば嬉しく思います。

 

株式会社LEAP 工事部 小沼 豊大