色と集客率との関係性

こんばんは!!

Leapの小田です(^o^)丿

今日は、店舗の開業と色の持つ特徴の関係性を紹介していきます!!

お店を開業して一番大事な所、【集客率】です。

店舗とはお客様がいて初めて成り立ちますよね???

集客をする為の戦略として、≪物件の立地≫ ≪内装デザイン≫等々、様々ありますね

今言った二つも物凄く大事です!

空間の雰囲気の演出 ≪空間デザイン≫

色彩が人に与える心理的な力がお店の集客にも強く関係しているんです

例えば、【赤】=暖色と言われる色、飲食店などでの強みは、

赤は食欲を増進させる効果があり、飲食店としてはもってこいです!!

また、時間の経過を早く感じさせる効果も持ち合わせているのでお店の回転率アップにも繋がると言う訳ですね~

ファーストフード店ではそれこそ赤が多いと思いませんか??

【マク●ナルド】【ロッテ●ア】【ケ●タッキー】【ファー●トキッチン】ファー●トキッチンは

オレンジですね、同じく暖色系です。

最初の頭で上げた三つは8割9割は赤と言っても過言ではありません(笑)

もうお腹ペコペコです(+o+)

 

逆に寒色系、【青】は時間の経過を早く感じさせない効果があり、

待合いスペースなどが多い病院などには最適。

入店率・滞在時間も大事ですよね?

リラックスを感じさせてくれるのが【茶色】【ベージュ】

空間を広く感じさせてくれるのが【白】

人の心理的に心地よさを感じさせてあげることによって

滞在時間を延ばす事に効果があります。

入口などには【暖色】を使用してあげることによって心理的に人を引き付けるのです<(`^´)>!!

 

色彩には人が考えていなくても無意識に体を反応させたり

脳に心理的情報を伝達させているのでお店造りにおいて≪空間デザイン≫とは非常に大事なのです!!

 

お店の業態やデザインによってもちろん色味として合う合わないもありますが

これからお店造りを考えている方に、こういったプチ情報などを発信していければ良いなと思います♪

知っているのと、知らないでは違いますからね(*^^)v

 

Leap 小田