大人カジュアルな雰囲気で女性一人でも入りやすいフレンチビストロレストラン

新橋駅から徒歩3分と駅近の立地にあるフレンチビストロ。元々、居酒屋を複数店舗営業されているお客様でオーナー様がビストロをやりたかったというお客様があるということでご縁があり店舗の内装をさせて頂くという経緯がありました。

【店舗様のPR】

鎌倉野菜と逗子小坪産地魚をリーズナブルに味わえるビストロのお店。今では予約殺到で入店困難な場合もあるそうです。新橋にも関わらずオーナーの人柄もあり川崎や千葉からも足を運ばれるお客様もいる程です。鎌倉やサイト逗子小坪産地魚を使い産地に拘りながらもリーズナブルに食事ができる女性にも人気のお店です。オーナーの人柄と店舗の雰囲気はお店なのにコミュニティの場としても活用され「また来たい」と思えるお店の雰囲気作りをされています。

ストーリー

イタリアン、フレンチ、和食、料理人としては約10年食に携わり自分でビストロを営業しようということで相談をすることにしました。店舗づくりになんとなくこんな感じにしたいというイメージがありましたが具体的なものはなくテーマとして「大人カジュアルでフラッと入店して食べられるフレンチビストロ」を思え描いていました。そのことを伝えいろいろと店舗のデザイン提案をしていただくことになりました。こちらの朧げながらイメージを話し、後はプロにお任せすることにしました。物件が元々居抜きだったので活かせる部分は活かしていこう!ということになりひとつずつ確認をしながら話を進めて頂けました。塗り壁はそのまま使用して天井を塗り直したりと前の店舗のイメージを感じさせない工夫もして頂きました。カジュアルさを感じてもられることで店へ気軽に入れるようにもなりサラリーマンでもOLでも様々な層のお客様にご利用頂けることが出来ました。

設計担当者からのメッセージ

新橋というエリアなので、サラリーマンやOL等の客層を意識したフレンチビストロを開業しました。今回は居抜き物件を改修しての施工となりました。店内はオーナーの希望で女性を優先的にターゲットとしたお店づくりを希望されていたので天井はワインレッド系での塗装やレンガ、ジョリパッド塗りや木などを使用し女性が一人でも入りやすい落ち着いた空間を意識して施工しました。カウンターは新しく設置し常連さんがご利用しやすいカウンターにしました。フレンチのお店ながら新橋という立地で幅広いお客様がご利用いただけるシチュエーションがイメージ出来ていたのでフレンチのイメージで押し出すよりバルに近いイメージの雰囲気にしていきました。また、居抜き物件といっても比較的綺麗な状態でしたので厨房、フードなどは再利用していく感じで若干の改修で済ませることにしました。また、床は落ち着ける雰囲気の色使いにしてみました。オーナー様からはイメージが無い状態でいろいろと話し合いを重ねてイメージ通りになったことを喜んで頂けました。オーナー様とも意見があった部分は、新橋という人が行きかう場所だからこそコミュニティの中心的な場所にしたいということをオープン前にお話をしていましたが、今では予約殺到という状態で人が集まる店舗になって頂いたことに少しでも力になれたかなと少し感慨深い思いになりました。これからも人の集まる居心地の良い場所とお料理で多くのお客様を笑顔にしてください。

基本データ

■店名:ビストロ TOMO
■所在地:東京都港区新橋4-19-10 タカソビルB1
■JR「新橋」駅烏森口 徒歩3分
■業種・業態:フレンチビストロ
■Webサイト:https://r.gnavi.co.jp/rzyh02x80000/
■広さ・立地:15坪・駅近繁華街
■施工期間:25日間
■施工費用:5,000,000円
■竣工:2016年

店舗の内装計画は、飲食店、美容サロン・エステ、物販店、その他、業種によって異なるだけでなく、店舗の立地や諸条件、つくりあげたい雰囲気、呼びたいお客様の層などによって、店舗ごとに大きく異なります。一つひとつのケースに沿って、ご提案させていただきます。